毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

ロジャー・バー氏、ビットコインキャッシュは投資の観点からみると最高である

2018.08.31
ビットコインキャッシュ 投資観点 最高 ロジャー・バー

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

今や「ビットコインの神」とも言われているロジャー・バー氏は、ビットコインキャッシュ論争の的になるイメージキャラクターになりつつあります。

「ビットコインはもはや両取引には不適切」

同氏は最近、CNBCの「Fast Money」コーナーで仮想通貨市場、とりわけビットコインキャッシュに関して議論を交わしたばかりです。
その際彼は、
「ビットコインはもはや、少なくとも昨年の12月の時点で商取引として使用できませんでした。
手数料は高く、取引は遅れ信頼できなくなり、私のように商業目的でビットコインを利用しようとしていた人々は皆別のものに切り替えてしまいました。」
と、ビットコインがデジタル通貨の形態として使用するには適していないと主張しました。
加えて、ほとんどの人がビットコインから切り替えたのはビットコインキャッシュである可能性が高いと予想し、ビットコインキャッシュに対し前向きな姿勢を示しています。

また、仮想通貨投資をホッケーゲームに例えて、“プレイヤー(投資家やトレーダー)”は“パック(お金)”の現地点ではなく、これから行く場所に向けて動かなければならない、と指摘した上で、
「ビットコインキャッシュには採択、業者、ビジネスの全てが構築されており、この時点で私は、投資の観点から見てBCHが将来的に最高であると考えています。」と述べました。

ロジャー・バー氏、”多様性”を強調

バー氏の発言はビットコインキャッシュの支持をほのめかすようなものばかりでしたが、
彼自身は番組内で比較的公平な立場に留まるよう努め、仮想通貨投資家達に対して逃げ道を用意しておくことを促していました。
これに対しCNBCのホストを務めるMellisa Lee氏は興味を持ち、バー氏自身の仮想通貨の品ぞろえに関して質問を投げかけたところ、
「私はBCHを何よりも多く保有していますが、イーサリアム、Zcash、Zcoin、Dash、Moneroも持っていますし、BTCもまだあります。
リップルやステラも含めて、多様性があるというのは良い考えです。」
と多様性を強調しました。

11月のBCHハードフォークについて

昨年からバー氏のビットコインキャッシュを支持する発言はなにかと話題を呼んでおり、彼の発言1つで相場が大幅に動くほどの影響力があります。
現在ビットコインキャッシュは11月のハードフォークに向けて内部で対立が激化していますが、バー氏はこのことに対しどのような考えを持っているのか是非聞いてみたいところです。
今後ハードフォークが近づけば、明らかになるかもしれません。

参考サイト
”https://ethereumworldnews.com/roger-ver-bitcoin-cash-bch-is-the-best-from-an-investment-sta”

関連記事

この記事のタグ