毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

ビットコイン価格、底値は間近?!

2018.11.28
ビットコイン価格、底値は間近?!

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

Morgan Creekのデジタル資産部門のAnthony Pompliano氏が、CNBCの番組でビットコイン価格は最高値からの85%下落で本質的な底値を打つだろうと語りました。

ターニングポイントは最高値から85%の下落

「最高値からの85%の下落が底値だと思われる。それは大体3000ドル付近で、週末にかけて底を打つのではないかと思う。もしかしたらもう少し下げるかもしれない。」

ビットコイン底値は

知っておきたい3つのポイント

彼はこれまでのビットコインは、価値が過剰評価されており、今ようやく健全に正常化しつつあるとしています。

「ビットコインは、2017年は過剰評価されていた。今年は買い手より売り手が多い。だから当然価格は下がる。しかし、3つのポイントを押さえておかなくてはならない。
1つ目は、今回の現状も取引成立の積み重ねによるものだということ。これこそが世界で最も安全なものと言える。なぜなら取引の積み重ねがある限り、価値があるものであり続けられるし、絶対に価値がゼロにはならないということだ。」

「2つ目は今もなおビットコインがここ10年間で、べストパフォーマンスの資産クラスであるということだ。”S&PやNasdaq、ダウなどのパフォーマンスを上回っている。その間に80%の下落を2回経験しているが、資産価値はこの2年間で、いまだ400%を超えている。そして3つ目は、これまでの取引は全て小売取引であったということだ。」

Pompliano氏は以下のように付け加えました。
「2017年を通して、重要なポイントは、すべての買い手が小売取引だったということだ。そして今、2018年に、ビットコインの価格は下落しており、機関投資家が参入し始めている。これら機関投資家は、取引所で仮想通貨を買わない。彼らはOTC取引(取引所を介さない相対取引)で仮想通貨を買っているのだ。OTC取引は、その内容が不透明で公表されない。一般の人たちは今見ているものは、小口投資家の失敗の洗い流しの様子にすぎない。」

Pompliano氏は、取引の積み重ねにより生み出されたビットコインの本質的な価値を、強調すると同時に、水面下での機関投資家の動きも指摘しています。
これらさまざまな見解を踏まえ、年末に向けてビットコインの動向には一層注目が集まりそうです。

 参考サイト:
”https://www.ccn.com/bitcoin-price-will-bottom-at-85-discount-to-all-time-high-morgan-creek/”
”https://www.cnbc.com/video/2018/11/26/bitcoin-will-end-down-at-85-percent-of-previous-highs-says-expert.html”
”https://jp.tradingview.com/symbols/BTCUSD/”

関連記事

この記事のタグ