BTCと仮想通貨マーケット、可能性のあるショートの3つのシナリオ

2018.09.12
BTCと仮想通貨マーケット、可能性のあるショートの3つのシナリオ

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

仮想通貨の未来を予測する繊細な技術は、高度で尊敬すべきテクニカルな分析よりもむしろ、ニュースやそれに対する反応が左右するものです。

それは、最近のGoldman Sachsによるフェイクニュースの影響でBTCやETH、その他のデジタル資産に起こった価格下落を見てもわかります。
仮想通貨マーケットは、もっとも価格下落の影響を受けるデジタル資産がETHである、このFUD(不安、不確実性、疑問や疑惑)から脱却するにはまだ時間がかかるでしょう。
ETHは、このフェイクニュースが出る前は低いながらも$280レベルだったところから一段と、一気に今年一番の底値$188まで下がってしまったのです。

ビットコインはまた$5,800の試練が来る

今日の勢いのない取引が続いて、この均衡が破れると、更なる下落が切迫しかねません。
ただ、特筆すべきは、あの日のBTCの反応が、$5,800の時だった事です。
あの恐ろしいほどの下落のあと、BTCはたった一週間で1000ドルを取り戻したのです。
したがって、Bitcoinがもしこのレベルをふたたび踏襲するとしてもほんの一時的になるでしょう。

ビットコインは$6,500に回復する

十分なテクニカル分析はありませんが、BTCは週末のあいだに大幅に売り傾向があったと言えるでしょう。
終末というのは歴史的にも取引量が低いと言われていますので、週があけてほんの数時間ですが、ビットコインはこの先の数時間で少し価格上昇がみられるでしょう。
しかし、これは仮想通貨マーケットの予測不能性を考慮すれば保証はできません。
仮想通貨市場において本当であれフェイクであれ、良くも悪くもニュースが影響を与える可能性があることを知っているため、あえてテクニカルな分析を無視しています。

9月30日のD-Dayに$5000まで落ちるBTC?!

CBOEが支持するBitcoin ETFがSECで評議されるのが9月30日なので、多くの仮想通貨ファンはこの日をD-Dayとして注目しています。
過去に、SECがこのようなルール変更を拒否したり延期したりしたことを考えるとEFTが承認されることは薄い期待かもしれません。
だからこそ、その日から20日前の今、BTCがその日までに不安定であることが判明して、EFT却下や延期のニュースが流れるとデジタル資産を$5,000までに下げる可能性があります。
仮想通貨取引のコミュニティがしなければならないことは、迫り来るそのD-Dayの最悪のシナリオに備える事です。

BTCは、最近の$7,400の安定したレベルから、フェイクニュースの為に下落しても結果として、$6,200で落ち着いています。マーケットの急落はETHに一番影響を与え、$192の安値に転じてしまいました。

9月30日に、SECがCBOEにルールを決める前に少なくともビットコインと仮想通貨市場がどの方向を向いていくのかを決定するのには今後の数時間が極めて重要な時間となりそうです。

 

参考サイト:
“https://ethereumworldnews.com/3-possible-short-term-scenarios-for-bitcoin-btc-and-the-crypto-markets/”

関連記事

この記事のタグ

おすすめ記事