イーサリアムが2018年末に$2,500を記録すると予測

2018.05.03

金融コンサルティング会社はイーサリアムの価格は2018年に4倍の2500ドルまで上昇し、今年は過去最高の記録年になると予測しています。

イーサリアム(ETH)とは?特徴や仕組みなどイーサリアムの全てを徹底解剖

また、deVere GroupのCEOであるNigel Greenは「イーサリアムの価格は今年大きく上がると予測され、2019年と2020年にはさらに増加し、2018年末には2,500ドルを突破する可能性があります。」と述べています。

画像:https://mikecoady.com/week-life-devere-ceo-nigel-green/

Greenは価格上昇の要因を3つ挙げています。

①多くのプラットフォームがイーサリアムを取引に使用していること

②イーサリアムの契約が拡大していること

③クラウドコンピューティングの分散化はイーサリアムにとって良い前兆となっていること

Greenはさらに、潜在的な投資家の保護と長期的な市場の信頼感に対しての仮想通貨侵害における規制は不可避であると述べています。

イーサリアムは新しいトークンの発行者の効率と柔軟性のためのデジタル通貨として浮上しています。

Greenは仮想通貨全般に対しても強気の姿勢を取っています。

「主要な仮想通貨は同社のウェブサイトに大きな利益をもたらしています。現在の仮想通貨市場の活動は、近い将来に仮想通貨の価格が大幅に上昇することを示しています。」と述べています。

現在の仮想通貨の価格上昇の要因を尋ねると、彼はいくつかのモチベーションがあると述べています。

これには主要な銀行や他の金融機関との統合などが含まれます。

Greenは、トムソン・ロイターの調査によると、ヘッジファンドから大手銀行まで金融機関の20%が12か月でデジタル通貨の取引をしていると述べました。

Greenはイーサリアムに対して強気の価格予想をしています。

この要因として、イーサリアムベースのプラットフォームが多く存在すると言っています。

今後もイーサリアムベースのプラットフォームが新たに誕生するにつれて、イーサリアムの価格にも影響が出ることが考えられます。

また、仮想通貨全般に対しても強気の発言をしています。

銀行などの金融機関が仮想通貨の取引を開始することを要因として挙げています。

大手銀行などが仮想通貨を取り扱う発表に伴って、仮想通貨全般の価格にも影響が出てきそうですね。

【こちらの記事もおすすめです】

リップル(Ripple,XRP)どこまで上がる?2018年の価格予想と今後の展望【8/15更新】

ビットコインどこまで上がる? 2018年とその後を展望する

ビットコインキャッシュ(BCH)どこまで上がる?著名人の予測を徹底紹介

参考サイト:
https://www.ccn.com/ethereum-price-could-hit-2500-this-year-analyst/

この記事のタグ

関連記事

おすすめ記事