毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

詐欺師はイーサリアムがお気に入り

2018.08.23
詐欺師 イーサリアム お気に入り

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

イーサリアムネットワークは詐欺師の温床

Kaspersky研究所の新たな調査から、世界中の仮想通貨詐欺師のお気に入り通貨がイーサリアムであることが明らかになりました。

イーサリアムは巨大なネットワークを構築していますがあまり注意が払われていないため、詐欺師たちはひっそりアクセスし、詐欺をはたらくことができます。
そのため、イーサリアムブロックチェーンは現在、ハッカーや犯罪者たちが非合法で仮想通貨を盗むには絶好の場所になっているそうです。
調査結果によると、従来のフィッシング詐欺を除いて、2018年の第2四半期にICOを利用しているサイバー犯罪者は約2億5千万円も稼いでいました。

詐欺の手口は至って単純

また、同研究所は、イーサリアムが詐欺師たちの間でどのように利用されているかという点に関して着目しています。
現時点で分かっている最も有名な手口は、仮想通貨業界の有名人に成りすました仮想通貨の贈呈です。
ユーザーの信頼性を高めるためにウォレットは別のウェブサイト上に配置され、まず少量のカオス通貨を特定のウォレットに送金するよう求められます。
その後2~3倍の通貨が返金されますが、このトランザクションリストは偽物で、実際には何も受け取っていません。
このようなごく単純な手順で、サイバーたちは数億円も稼いでいるのです。

今四半期で彼らがよく使用した名前は、『Elon Musk』、『Pavel Durov』、『Vitalik Buterin』だったそうです。

イーサリアムがこのような事態に陥っていることは誰も予想していなかったでしょう。
メディア側は今回の調査結果から、イーサリアムからのトークンの贈呈に応じないよう注意喚起しています。
確かに、その巨大すぎるネットワーク上では様々な仮想通貨が構築されており、隅々まで安全性を確認することは非常に困難ですが、今後何か対策を取らなければイーサリアムの地位が危ぶまれてしまう可能性があります。

参考サイト
”https://cryptodaily.co.uk/2018/08/ethereum-is-the-scammers-favourite-coin/”

関連記事

この記事のタグ