Litecoin(ライトコイン)、テレグラムメッセンジャーで利用可能に

2018.08.13
今回のプロジェクトによって簡単なテレグラムやSMSメッセージを使用することで、lite.imユーザは世界中のどこからでもLitecoinブロックチェーンとやりとりできるようになるそうです。

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

Litecoin(LTC)取引は、暗号化されたメッセンジャーアプリテレグラムを介して利用可能になりました。Litecoinの創業者Charlie Lee が 8月9日にtweetしました。

 

 

Lite.imはZulu Republicのプロジェクトで、LitecoinコミュニティーにSMS Paymentsを提供しています。

Telegramとは

Telegramとは2013年に立ち上がったサービスで、メッセージを暗号化することでプライバシーを担保した画期的なSNSです。

現在全世界で約2億人のユーザーがおり、TON(Telegram Open Networkとして17億ドル規模のICOを成功させたことでも話題になりました。

Litecoinの将来

今回のプロジェクトによって簡単なテレグラムやSMSメッセージを使用することで、lite.imユーザは世界中のどこからでもLitecoinブロックチェーンとやりとりできるようになるそうです。

また将来的には、文字通りのテキストメッセージ(SMS)によるLTC取引を導入し、インターネット接続の不十分な顧客に対してLitecoinブロックチェーンの操作を可能にすることを目指しています。

ズールー氏は、    声明で「インターネット接続性が不十分で、独裁政権によってウェブが検閲され、人口の大部分が従来の金融システムによって疎外されている国」を対象としているという、地方分権の本質を強調しました。

また声明によるとLitecoinは、Litecoinの財布をまだ持っていない人や、知らない人にも、たとえ受信者が暗号の使い方を知らなくても送ることができることを目指すそうです。

参考サイト
”https://cointelegraph.com/news/blockchain-startup-enables-litecoin-transactions-via-telegram-messenger”

関連記事

この記事のタグ

おすすめ記事