毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

アマゾンがデータマーケットプレイスで仮想通貨を使用することを想定

2018.04.20
アマゾンがデータマーケットプレイスで仮想通貨を使用することを想定

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

アマゾンは仮想通貨のトランザクションデータをリアルタイムで取得できるデータストリーミングマーケットプレイスの特許を取得しました。
この特許は個人や組織がストリーミングデータフィードを販売し、顧客が購読できるようにするもので、子会社のアマゾンテクノロジーズに4月17日に付与されました。

ストリーミングデータの例としては、ウェブサイトをクリックした情報、マーケティングやファイナンシャル情報、製造器具の使用、ソーシャルメディア、操作ログ、計測データなどあらゆるデータが考えられますが、なかでも目を引くのは、仮想通貨のトランザクションデータを挙げていることです。

仮想通貨トランザクションデータのマーケットプレイスの潜在的な魅力

ただの仮想通貨のトランザクションデータだけではそれほど有益なデータではないかもしれませんが、更なる追加情報のデータを組み合わせることでより大きな価値を生む可能性があることを指摘しています。

例えば、電子取引をするインターネット上の小売業グループがビットコインでの決済を受け入れている場合、そのビットコインアドレスを関連付ける出荷先情報を所持する可能性があります。業者はその二つのデータを結合させたストリームデータとして再発行する可能性もあります。

このようなデータを魅力的に思う顧客としては、警察などの法執行機関が考えられます。

目的の真相はともかく、アマゾンがこの特許出願において仮想通貨について言及しているということは非常に重要なことです。
なぜなら、アマゾンが将来的に自社のサービスにおいて仮想通貨のトランザクションデータの売買を想定しているということが明らかであるためです。

今回、特許が取得できたということはアマゾンがこの市場を占有する可能性があります。
今後の動向に注目ですね。

参考サイト:
https://www.coindesk.com/amazon-sees-bitcoin-use-case-data-marketplaces/

関連記事

この記事のタグ