毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

カルダノのスマートコントラクトツールがなぜフィンテックに有効か – 創設者Charles Hoskinson

2018.12.15
カルダノのスマートコントラクトがなぜフィンテックに有効か - 創設者Charles Hoskinson

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

ブロックチェーンの最先端の研究開発企業であるIOHKが、カルダノブロックチェーンのスマートコントラクト構築のために最新鋭のチームによって開発された2つのツールを発表しました。

Plutus と Marloweと呼ばれるアプリは、スコットランドのエディンバラで開かれた第1回PlutusFestカンファレンスのテストフォーマットで立ち上げられました。

これらの強力なツールによって、スタートアップ企業や、金融サービス、フィンテック産業、そしてアカデミックの分野でもカルダノを基盤とするブロックチェーンスマートコントラクトを活用できるようになるとのことです。

Haskell関数言語とADAネットワークを組みあわせ

Plutusは、従来のプログラミング言語とカルダノプロトコルのためのツールを提供します。

IOHKの科学者とエンジニアは、フィンテックのための安全で堅牢なスマートコントラクトを構築するために、Haskell関数言語の学問とADAネットワークを組み合わせました。

IOHKは、Plutusコントラクト向けにPlutus Playgroundと呼ばれる、新しいブロックチェーンエミューレーターを基盤とした、使いやすい探索開発と試験運転のための環境を提供してきました。

ビジネス向けの時短送金サービスを可能に

カルダノの創設者であるCharles Hoskinson氏は、Marloweアプリケーションがビジネス向けに短時間での資金の移動できるサービスの提供を可能にするだろうと説明しています。

また、透明性を高めるために第3者でのレンタルデポジットもできるようにするとしています。

Hoskinson氏は次のように説明しています。
「エスクロー(第三者預託)のメカニズムでは、例えば2党から1党にお金が移動させる時は、3党のうち2党が同意する場合のみ1党は契約にお金を投入することが許可されます。エスクローの参加者である3党は、対立が起きない限りは中立の立場にあります。1党と2党が正直でいるかぎり、3党はトランザクションの結果に同意するのみで、何もする必要はありません。もし1党と2党が対立した場合は、3党はお金を1党と2党のどちらに移動するのかを選ぶことができます。」

プログラミングの知識のない人にも優しいツール

Marloweは簡単な方法でコードを生成して、プログラミングの知識を持たない人でもソフトウェアプロダクトを作ることが可能なツールであるとのことです。
つまり、プログラミングのバックグラウンドのない金融業界のプロフェッショナルでも、ブロックチェーン上で簡単に自動的な金融取引をすることが可能になるとのことです。

参考サイト:
“https://www.ccn.com/cardano-founder-charles-hoskinson-explains-why-adas-new-smart-contract-tools-are-a-boon-for-fintech/”

関連記事

この記事のタグ

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
CRIPCY公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。CRIPCY村通信という名前で追加されます。