毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

リップル技術改良を公開、投資家の不安を払拭

2018.02.28
リップル技術改良を公開、投資家の不安を払拭

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

ここ最近、リップル(Ripple)はさらに活発な動きを見せています。

2月21日、リップル研究開発チームは、2つの研究論文を発表したということです。
昨年末の価格の高騰から、今年に入っての下落に対して、投資家向けに発表したものです。

1.リップル・レジャー・コンセンサス・プロトコルに関する考察

リップルのコンセンサス・アルゴリズムに関する過去の分析をまとめたものです。
このアルゴリズムは、計画されている分散化のフェーズにおいてフォークする心配はなということが公式に述べられています。
つまり、取引スピードが早い、ことが証明されたのです。

2. コバルトの紹介

革新的な非同期型のコンセンサス・アルゴリズムに関するものです。
これはULN(リップル社によって選ばれた取引承認ノードのリスト)をより多様に、柔軟に作り上げることを可能にすることで、リップルのアルゴリズムを改善する技術です。

リップルは去年末から年始にかけて急騰してから、90%以上の価格下落を経て若干の不安感を持たせていましたが、2つの論文によりこれを払拭する形になったということです。

この公開論文は、「リップルは本当にSWIFTにとって代わるの?フォークしたりしないの?」という疑問に対して、市場ニーズに応える形で提供した模様です。

参考サイト:
https://www.coindesk.com/ripple-papers-promise-new-start-for-40-billion-xrp-cryptocurrency/
https://ripple.com/insights/continued-decentralization-xrp-ledger-consensus-protocol/

関連記事

この記事のタグ