毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

コインベース、ERC20準拠トークンの取り扱い開始を検討

2018.04.04
コインベース、ERC20準拠トークンの取り扱いを開始を検討

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

アメリカに拠点を構える仮想通貨取引所であるコインベース(Coinbase)が、ERC20準拠トークンを数か月以内にサポートする意図があると発表しました。

コインベースとは、アメリカのサンフランシスコを拠点とする大手仮想通貨取引所の運営会社です。
仮想通貨取引プラットフォームGDAX(ジーダックス)を運営しており、利用者は1300万人以上、個人用ウォレットの開設は3800万件にものぼる大規模な取引所です。

ERC20というのは、イーサリアムのブロックチェーン上でトークンを発行するICO時やスマートコントラクトを交わす時に従わなければならない統一基準のことです。
イーサリアム(ETH)のマーケットシェアは縮小したものの、2017年のICO市場の好景気はイーサリアムがほとんど単独で優位に立ちました。
つまり、ERC20はICOをする上では欠かせないものです。

またこの動きはコインベースの取引所だけではなく、デジタル資産管理サービスを提供する、Coinbase Custodyなどその他の関連事業にも反映されると見込まれています。
機関投資家にとっては信頼できる安心な保管場所であり、大企業の財政管理など、重要なデジタル資産管理サービスをする、米国では最も著名なデジタル資産カストディアン(証券管理会社)なだけに、ERC20に準拠するという事は、さらに様々な仮想通貨の信頼性を高めることに繋がると期待されます。

今回の発表が、今後のICOの活性化にどれほど影響してくるのか、コインベースと市場の動向に注目です。

参考サイト:
https://blog.coinbase.com/adding-erc20-support-to-coinbase-fe9cba6782b
https://www.ccn.com/coinbase-announces-it-will-add-erc20-support/

関連記事

この記事のタグ

おすすめ記事