毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

仮想通貨取引所Krakenが6月で日本居住者へのサービスを中止

2018.04.20
仮想通貨取引所Krakenが6月で日本居住者へのサービスを中止

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

Krakenはアメリカの仮想通貨取引所で、取引高はbitFlyerを抑え、世界第13位にもなります。
日本で仮想通貨取引所がほとんど無かった2014年10月に日本でサービスを開始し、仮想通貨取引サービスを展開してきましたが、日本居住者へのサービス中止を表明しました。

サービス中止の理由に関しては、他の地域へリソースを集中させるためとしていますが、その一方でコストに対して収入が見合わないとも説明しています。

Krakenは入金・入庫に関しては5月中旬、売買取引は6月中旬、出金・出庫は6月下旬に最終日とすることを検討しておりますが、将来的には日本でのサービスの再開を検討するとしています。

2018年5月中旬(予定)入金・入庫最終日
2018年6月中旬(予定)売買取引最終日
2018年6月下旬(予定)出金・出庫最終日

今回のサービス停止の措置は日本居住者対象であり、海外口座を使用している日本人は対象には含まれないようです。
Krakenに口座を持っている方は6月までにヘルプセンターに連絡をとり何らかの対処をとりましょう。

参考サイト:
https://www.coindesk.com/cryptocurrency-exchange-kraken-to-shutter-services-in-japan/?utm_content=bufferd6f20&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer
http://vc.morningstar.co.jp/000382.html#QpWxRx2.twitter_tweet_ninja_m

関連記事

この記事のタグ