毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

仮想通貨取引所Poloniex、身元確認完了後アカウント凍結で苦情

2018.06.02

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

Poloniexの新たな本人確認手続き完了後アカウント凍結に苦情

大手海外仮想通貨取引所Poloniexで新たな本人確認手続き完了後の5月27日にアカウントが凍結されたことについて、ユーザーから苦情が寄せられています。

アカウント所有者らは、
「本人確認後に取引を継続できるという通知を受け取ったが、以前は機能していたはずのアカウントがブロックされている。」
と主張しています。

Poloniexも未だに明確に認識していない今回のトラブルは、Poloniexが未だにユーザーに対し自身のアカウントをリンクするように要求した同日に発生しました。

Poloniexの不具合対策

ユーザーへの通知には、以下の内容が記載されていました。

「これまでに完全な本人確認情報を提供していないPoloniexの顧客全員に対し、Poloniexのプロファイルページから本人確認情報を提供するように要請しています。このページでは、IDを検証するために必要な情報に関して明確に指示してます。情報が提出され次第、直ちに検証を進め、取引が開始できるようにします。」

今回のPoloniexの動きは、同業のBitfinexで現在実施されている要請や、P2P市場のLocakbitcoinで採用されるより緩い対策を真似たようです。

凍結されたアカウントは、本人確認手続きを実行している多くのユーザーに影響を与えています。

また、この問題が続いていることを確かめる報告も多数あるようです。

Poloniexは、新規登録及び本人確認手続きにおける最近のアップデートに関して疑問が寄せられるとツイートしています。

加えて、「預けられている投資金の安全は保障されているため安心してほしい。」と供述していますが、今回のトラブルは非常に多くのユーザーに不安を与えたことでしょう。早期解決を待つしかありません。

参考サイト
https://cointelegraph.com/news/poloniex-crypto-exchange-users-claim-accounts-frozen-after-id-policy-update

 

関連記事

この記事のタグ