毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

仮想通貨取引所ポロニエックスが機関投資家向けサービス参入

2018.12.10
仮想通貨取引所ポロニエックスが機関投資家向けサービス参入

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

米国の仮想通貨取引所ポロニエックスが、機関投資家向けのサービスを開始したことを4日発表しました。

同取引所は米大手投資銀行のゴールドマン・サックスが出資している金融サービス会社サークル (Circle)によって運営されおり、今回の発表のサークルのブログ上で行われました。

機関投資家の高度な取引需要に対応

発表によると、ポロニエックスは「機関投資家の高度な取引需要」に合わせて、精選した仮想通貨ペアの取引や引き出し限度額の引き上げ、専用のサポートやAPIサービスの提供を開始したとのことです。

また、12月中はBTC/USDCの取引は手数料無料にするとのことです。

仮想通貨下落も機関投資家の関心継続

このところ仮想通貨価格が下落を続けているものの、機関投資家の関心は依然として続いているようです。

別の米大手仮想通貨取引所のコインベースも、11月初旬に機関投資家向けに店頭取引(OTC取引)サービスを開始しことを明らかにしています。

参考サイト:
“https://medium.com/circle-blog/institutional-accounts-now-available-on-poloniex-e28abf7afce”

関連記事

この記事のタグ