MURAサイト

テレグラムがICOを実施、既に8億ドル以上を集める

テレグラムがICOを実施、既に8億ドル以上を集める

メッセージアプリ「テレグラム」のICOについて様々な情報がありましたが、情報によれば、1月29日にトークンが正式に売り出されたということです。
以来3週間ほどで既に81人の投資家から、およそ8億5000万ドルを調達しました。

現在は大口投資家限定の販売ですが、3月に一般公開される予定となっています。私たち一般人もここで購入することができそうです。

CRIPCYの人気取引所ランキング

ビットコインなどの仮想通貨を買うには、まずは取引所に口座開設しましょう
登録はとても簡単。10分で完了します

おすすめ取引所1位 bitFlyerビットコインの現物取引もFXも対応なので、まずは登録しておくべき取引所→bitFlyerの詳細はこちら
おすすめ取引所2位 GMOコインリップルが買える!取引・出金手数料が無料→GMOコインの詳細はこちら
おすすめ取引所3位 DMMビットコイン 数少ないリップルのレバレッジ取引対応。LINEの24時間サポートも◎→DMMビットコインの詳細はこちら

過去最大のICO

これまでのICO規模として最大の、総額20億ドルの調達を目ざしています。

プロジェクト名:TON( Telegram Open Network)
トークン名:GRAM
発行総数:50億GRAM
資金の使い道:TONブロックチェーン、テレグラムの開発費用

VisaやMasterと競合になるような決済プラットフォームを目指しているということです。

来年2019年1月の上場を目指しており、遅くとも2019年末までには実現したいということです。
仮に実現しなかった場合は、少なくともプライベートセールの大口投資家に返金をするということも明らかにしています。

テレグラムは2013年にローンチされたメッセージアプリで、ロシア人のDurov兄弟によって設立されました。
日本人には馴染みのあるLINEによく似た人気のあるアプリです。
そのユーザー数も同様で、世界におよそ2億人のユーザーを持ちます。
つまり、このICOには、既に巨大な見込み市場があるということがいえます。

テレグラムは今後も仮想通貨市場において台風の目となるのでしょうか。

【関連記事】

テレグラム(Telegram)が一般向けICOを中止?

参照サイト:
https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-01-18/biggest-ico-ever-is-said-to-grow-as-telegram-targets-2-billion
https://jp.cointelegraph.com/news/durov-brothers-file-telegram-and-ton-with-sec-report-850-million-already-raised
https://www.ccn.com/850-million-telegram-ico-quietly-shatters-blockchain-fundraising-record/


初心者も中・上級者も必見】CRIPCYおすすめの仮想通貨取引所を紹介します

まずはここから!安心・使いやすい仮想通貨取引所3選

取引所 特徴・おすすめポイント 公式HP
ビットコインの取引量日本一!ビットフライヤーライトニングでレバレッジ取引もできる 公式HP
FX経験者におすすめのレバレッジ5倍。さらに取引手数料無料! 公式HP
国内初!ネム・リップル・イーサリアムなど7種類のアルトコインのレバレッジ取引ができる 公式HP

安い手数料と豊富な銘柄が魅力!海外取引所3選

取引所 特徴・おすすめポイント 公式HP
利用者数世界No.1!新規銘柄をいち早く取引するならバイナンス。 取引手数料はわずか0.05% 公式HP
ニューヨークのビットライセンス取得で信頼性◎取り扱いコインも200種類以上と豊富。 4/11新規登録受付再開! 公式HP
世界最大級のチャートが見やすい取引所。レンディング機能で利子も得られる。 公式HP
LINEで送る
Pocket

こちらの記事はお役に立ちましたか?
CRIPCYでは、皆さまのお役に立つ記事の発信に努めていきます。
ぜひブログランキングでの応援も、よろしくお願いいたします。