毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

IKEA 世界初のスマートコントラクトと電子マネーを利用した商業取引に成功

2019.10.08
IKEAが世界初のスマートコントラクトと電子マネーを利用した商業取引に成功

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

家電量販店大手のIKEAが、イーサリアムのブロックチェーン技術とスマートコントラクトを活用した電子マネーによる商業取引を実施したことが明らかになりました。

法定通貨クローネ建の電子マネーを使用

この取引はスタートアップ企業であるMoneriumとサプライチェーンマネージメントを手がけるTradeShiftの協力により実現しました。

IKEAは、ライセンス化されたe-moneyを使用して、アイスランドの小売業者であるNordic Storeからの注文を受け、取引を完了させたとのことです。

取引はTradeShiftにのプラットフォーム上で行われ、アイスランドのブロックチェーン企業でConsenSysが支援しているスタートアップであるのMoneriumのデジタルキャッシュを利用して行われました。

Moneriumは、アイスランドの法定通貨であるクローネ建ての電子マネーを発行しています。
Nordic Storeは商品をIKEAから買い付け、トークン化されたクローネを使って電子請求書を発行したとのことです。

世界初 スマートコントラクトで請求書の支払い完了

欧州では、早い時期から電子マネーが使用されていましたが、スマートコントラクトで電子請求書の支払いを行うことは世界初の試みであるとのことです。

これによって複数の管轄区域での国際的な決済が加速されると期待されています。

MoneriumのCEOであるSveinn Valfalls氏は、次のように述べています。

「ブロックチェーン上で電子マネーを発行した初の企業として、法的規制に準じた形のデジタルマネーを利用し、ブロックチェーン活用の利点を実証できたことを嬉しく思う。」

Moneriumは今年月にアイスランドの金融監督当局のライセンスを取得済みで、すでに規制に準拠しているため、世界各地で発行されているステーブルコインよりも普及スピードが早いことが予想されています。

Valfalles氏は、他の国の法定通貨にも対応していく計画を明らかにしており、同社の今後の取り組みには世界からの注目が集まっています。

参考サイト:
”https://www.coindesk.com/ikea-in-world-first-transaction-using-smart-contracts-and-licensed-e-money”
”https://www.businesswire.com/news/home/20191001005437/en/Tradeshift-Frontiers-Monerium-Settle-World%E2%80%99s-Invoice-Smart”

関連記事

この記事のタグ

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
CRIPCY公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。CRIPCY村通信という名前で追加されます。