毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

テレグラム 独自ブロックチェーンTONを公開

2019.09.10
テレグラム,TON,テストネット,公開

<この記事(ページ)は 2分で読めます>

テレグラムのブロックチェーンプロジェクトTON(Telegram Open Network)がテストネットの状況を検索・確認できるエクスプローラーを公開したとのことです。

予定より数日遅れでの正式公開

プロジェクトに詳しいメディアによるとサービス開始時期は当初、9月1日に予定されていましたが、非公開の理由により数日遅れでの公開となりました。

TON LabsのMitja Goroshevsky氏によると、現在テレグラム自身により維持されているノードは100個、さらにいくつかはGoroshevsky氏のスタートアップ企業により維持されているとのことです。

またこのスタートアップはテレグラムの独自通貨であるGramのトークンセールの投資家らによって運営されており、2018年の初めには17億ドルの調達に成功したとのことです。

2億人のユーザーを持つテレグラム

テレグラムは世界中で2億人以上の利用者がいるプライバシー重視の暗号チャットアプリです。
2013年にニコライ・デュロフ氏とパヴェル・デュロフ氏の兄弟により設立されました。

TONを開発するTON Labsによると、開発者に対して複数のツールを提供しており、その1つがイーサリアムのプログラミング言語のSolidityとのことです。
これによりイーサリアムのスマートコントラクトのTONへの移植が可能とのことです。

参考サイト:
”https://www.coindesk.com/telegram-finally-releases-code-for-its-1-7-billion-ton-blockchain”

関連記事

この記事のタグ