毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

米国国土安全保障省(DHS)、仮想通貨取引の実用性について検討

2018.12.06
米国土安全保障省(DHS)、仮想通貨取引の実用性について検討

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

米国国土安全保障省(DHS)が匿名通貨を使った取引の実用性について関心を示し、匿名仮想通貨を含むブロックチェーン技術分析や調査情報を求めているていることが明らかになりました。

DHSにより新たに公表された事前提案書には、匿名通貨を含む仮想通貨の用途について論じられています。
仮想通貨には商業用途と政府用途があるとされる一方で、特に匿名通貨が犯罪行為に使われた場合に犯罪科学分析を行う方法についても注目しています。

匿名通貨が鍵

報告書の中で、DHSはトランザクションの追跡が困難なZcashやMoneroの高い匿名性を注視する一方で、次のように述べています。

「これらの特性は好ましい場合もあるが、トランザクションの追跡やブロックチェーン上の違法性については強い関心を抱かざるを得ないのも事実だ。」

犯罪科学調査に関するソリューション

事前提案書では、法的強制力を持った調査機関が、犯罪科学的見地からブロックチェーントランザクションの分析を実行するための解決策を求めているとしています。
この分析にはオフチェーンのデータが入手可能かどうかにより、多くの異なる状況が考えられ複数の方法が考えられるとのことです。

ガバナンスやデータ共有への応用で多きな利益も

現在進行中のブロックチェーン技術を実用化する分野での調査では、匿名性とプライバシー保護のより高度な能力が鍵となっているとのことです。
ガバナンスやデータ共有の法的合意、暗号化された分析のやり取りなどの分野において非常に大きな影響力を持つだろうとし、政府や商業市場への応用が成功すれば、多くの利益を生み出すだろうとしています。

今回の公表されたのは事前提案書のため、事前提案期間中はDHSは技術的な質問や相談を受け付けているとのことですが、専門家やビジネス関連の正式な申請書は受け付けないとのことです。
最終提案書は12月19日に公表される予定とのことです。

米国の政府機関が匿名通貨に関心を持ったことで、世界から改めて注目を集めるきっかけになるかもしれません。

参考サイト:
”https://www.coindesk.com/us-homeland-security-is-interested-in-tracking-privacy-coins
”https://www.fbo.gov/index?s=opportunity&mode=form&id=7ed0c5ef2df7e26ffb5c1dee3ceaa171&tab=core&_cview=0”
”https://cointelegraph.com/news/us-dept-of-homeland-security-takes-interest-in-investigating-blockchain-transactions”

関連記事

この記事のタグ