2018年4月26日の朝、1億4千万ドルのビットコイン(BTC)がMt.Goxのウォレットから移動した

2018.05.02
2018年4月26日の朝、1億4千万ドルのビットコインがMt.Goxのウォレットから移動した

悪名高き、今は無きMt.Gox(マウントゴックス)に関連するおよそ16000BTCが木曜日(2018年4月26日)に移動されたことで、管財人がより多くのコインを換金する準備を進めているのでは、と推測を呼びました。

約1億4100万ドル相当の取引が、Mt.Goxのビットコインとビットコインキャッシュ(BCH)のウォレットをモニターしているCryptoGroundによって最初にフラグが立てられました。
このトランザクションの動きが、Mt.Goxの財産権の弁護士である小林信明氏が、Mt.Goxの財産は破産した会社の債権者に保証をするために資金を売却する準備をしているのではないかと憶測を呼びました。
実際、小林氏は今年初めに、BTCとBCHで4億ドル以上を売却し、為替の円建て債務をカバーしていることを明らかにしていました。

現在、数十億ドルに上る残りの資金はおそらく元の保有者マーク・カプレス氏のもとに行くことが考えられていますが、本人はそれを望んでいないと最近のredditで語り、依然として民事再生法を希望しています。

破産したMt.Goxは債権者にコインを戻すために1億4000万ドルにも及ぶビットコインを移動させました。
今後の裁判の行く末に注目しましょう。

参考サイト:
https://www.ccn.com/140-million-in-bitcoin-moved-from-mt-gox-wallet-this-morning/
https://www.ccn.com/mt-gox-ceo-mark-karpeles-tells-creditors-im-on-your-side/

【こちらの記事もおすすめです】

破産したマウントゴックスに民事再生法適用は可能か?

この記事のタグ

関連記事

おすすめ記事