毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

リップルとステラが改善する可能性のある4つの機能

2018.08.30
リップル ステラ 改善 4 サービス 可能性

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

現在CryptoDialyは、リップルと、リップルをベースに開発されたステラが持つ4つの機能、「保険」「クレジット」「予測とトレード」「ヘッジファンド」を改善する可能性があると予想しています。

順を追って見てみましょう。

改善する可能性のある4つの機能

1.保険

保険会社は保険給付支払の検証に多大な時間を費やしますが、そのほとんどが無駄になっています。
例えばVrumiのようなオープンソース型タイムスタンプサービスを使えば、これらをリアルタイムで分析し、労働や人時など会社の膨大な消費の節約が可能になります。

2.クレジット

投資の即時取引を可能にしたリップルやステラは、クレジット業界に大革命をもたらしました。
例えば、Wetrustのような金融プラットフォームでは、友人や家族が共同出資を行えます。
同じように、リップルの分散型レッジャーシステムに採用されているHashTreeを使えば、多くのクレジットプロジェクトが設立され、クレジット産業はより正確になり、ビジネスに適した資金の提供が可能になります。

3.予測とトレード

リップルやステラの資金を即座位に転送する機能は取引業界からも認められています。
従来の株の売買には時間がかかり、決済時も価格は激しく変動しているためプロセスが複雑になりがちです。
この時間の省略は、コスト削減になると同時に取引の透過性や追跡性をより高めてくれます。

4.ヘッジファンド

ヘッジファンドのグローバル資産の総価値は約333兆円で、多くの場合個人が資金を共同出資するシステムになっていますが、その手数料は高く透過性も低いうえに流動性がほぼありません。

改善予想は期待の表れ?

リップルやステラは、ビットコインのようなPCパワーや資源エネルギーに依存しない国際送金プラットフォームの提供を目的としているため、金融緩和策として上記の機能を改善していくことは十分考えられます。
このような予想がされるのは、投資面だけでなく技術開発面からもリップルの将来性が期待されていることの表れでといえるでしょう。

参考サイト
”https://cryptodaily.co.uk/2018/08/4-services-that-ripple-xrp-stellar-xlm-can-improve/”

関連記事

この記事のタグ