毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

米Paxos 金に連動する仮想通貨を発行

2019.09.06
米Paxos 金に連動する仮想通貨を発行

<この記事(ページ)は 3分で読めます>

ニューヨークを拠点とし、米ドルと連動するステーブルコインを発行するPaxosが、金に連動するデジタル通貨PAXゴールド(PAXG)を発行すると発表しました。

初のデジタル版ゴールドとして注目

Paxosは、イーサリアム基盤のトークンで、宝飾品警備保管を専門とするブリンクスロンドンに保管されている金の板に裏付けられているとのことです。

すでにニューヨーク州金融サービス局からの認可を受けており、初のデジタル版ゴールド資産として、注目が集まっています。

PAXGは、1オンスの金と同等の価値を持ち、Paxosの取引所itBitでドル建てで購入が可能とのことです。
今後は他の取引ペアの上場も予定しているとのことです。

金の「重さ」問題を解決

PaxosのCEOであるChad Cascarilla氏は、PAXゴールドはコモディティとは異なり、実在の資産に裏付けられている点を強調しています。

PAXGは資産としての金が抱える最大の難点である「重さ」の問題を解決すると説明しています。
金を持ち運ぶ必要がなく、簡単に分割することが可能で面倒な操作や手続きが不要な点がポイントであるとのことです。

「金は重くて持ち運びが困難なためその価格に注目している投資家でも、直接金の取引を行ったり所有するよりも他のデリバティブ商品を選択していた。
PAXGはユーザーがロンドンやニューヨークにいなくても実物の金を取引できるため、持ち運ぶ必要がなくなる。」

Cascarilla氏は、Paxosは伝統的なコモディティ業界からもグローバルパートナー企業を拡大していくとし、様々な商品や金融資産をトークン化することを目標に掲げています。
今回の金のトークン化もそのプロセスの一つとみられています。

参考サイト:
“https://www.coindesk.com/paxos-launches-gold-backed-cryptocurrency”

関連記事

この記事のタグ