毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

今だからこそチャンス?売りから入る!ビットコインFX

2018.12.04
ビットコインFX

<この記事(ページ)は 9分で読めます>

ビットコインの相場は2017年末に高騰し、買えばすぐに利益が出る状況でした。しかし、2018年に入ってからビットコインの価格は下がり始め、なかなか利益を出すことが難しい状態になっています。

今回はビットコイン価格が下落しても、価格下落により利益が出る「売りから」入るビットコインの取引方法を紹介します。

ビットコインの取引は「売ること」から始められるの?

下がる?上がる?ビットコインの予測できない相場

ビットコインの相場を予測することは難しい状況となっています。2017年に高騰し、過去最高額を記録したビットコインの価格は2018年になると下落し、現在は大きく上がることはありません。

現物取引では安い時に買って、高い時に売ることで利益を得ます。利益は売った時の値段から買った時の値段を引いた時の値となります。(手数料除く)

現物利益

出典:https://lightning.bitflyer.com/about-futures?region=JP&lang=ja

しかし、ビットコインが到底上がらないだろうと考えられる時は買うことはできません。下がる、または変化が無ければ赤字になってしまうからです。

ビットコインFX取引の「売りから入る」トレード方法とは?

この状況でもビットコインの売買利益を上げる方法があります。

それはビットコインFXに代表されるレバレッジ取引で可能な取引方法で、(実際には持っていない)ビットコインを売って、価格が下がったところで安く買い戻すという取引方法です。「売りから(ショートから)入る」とも呼ばれています。

では、「売りから入る」とは言うものの、実際には持っていないビットコインをどうやって売るのでしょうか?

ビットコインFXには「証拠金」と呼ばれるものがあります。この証拠金を担保に、その範囲内で取引ができるのです。

ビットコインFXで売りから入ることを「売りポジションを持つ(開く)」と言い、その後買い戻すことを「売りポジションを閉じる」、または「売りポジションを決済する」と言います。

例えば、1BTC=80万円の時に1BTC売って、1BTC=70万の時に1BTC買い戻すと、差額10万円が利益となります。

つまり、この方法は売った後に相場が下がれば下がるほど儲かる仕組みになっています。

FX

出典:https://lightning.bitflyer.com/about-futures?region=JP&lang=ja

ビットコインFXは、FX業者の資金を借りて「売りから入る」取引を行います。つまり、買い戻した時に予測が外れ、売った時より高い相場価格となってしまった場合、自分で払える額以上の大きな損を出してしまうというリスクがあるということには、注意が必要です。

ビットコインに売りから入るには「ビットコインFX」を使え!

売りから入るためには、ビットコインの現物取引(通常の売買)ではなく、レバレッジ取引を利用する必要があります。

ビットコインにおけるレバレッジ取引の代表が、「ビットコインFX」です。

ビットコインFXとは?現物取引と何が違うの?

ビットコインFXとは文字通り、ビットコインを使用して行うFX取引です。

ビットコインFXがビットコインの現物取引と異なる点は、以下の点が挙げられます。

差金決済である

・証拠金を担保にレバレッジ取引が出来る

ビットコインFXの「差金決済」とはどういう仕組み?

ビットコインFX特有の差金決済とは、どのようなものでしょうか。

差金決済とは、現物の取引を行わずに売りと買いの授受の差額のみで決済することです。

例えば、1BTCを70万円で買って80万円で売ったとすると、現物取引ではそのまま70万円がユーザーの取引所口座から支払われ、80万円がユーザーの口座に入ります。

しかし、差金決済はユーザーの利益である10万円のみが結果として口座に入ります。損失に関しても同様です。差金決済を行うことでより大きな金額の取引をスムーズに執り行うことが出来ます。

ビットコインFXの「レバレッジ取引」とはどういう仕組み?

次に特徴の2つ目であるレバレッジ取引について説明します。

レバレッジ取引とは、保有している資産より大きな金額の資金で取引を行うことが出来る仕組みです。
レバレッジとは英語で「てこ」という意味です。証拠金といわれる担保となるお金に5倍や10倍などの倍率をかけてより大きな金額の取引を行います。

てこ

出典:https://lightning.bitflyer.com/about-futures?region=JP&lang=ja

実際に保有している資産より大きな金額で取引することが出来るため、より大きな利益を出すことが出来ます。もちろん大きな利益を得ることが出来る可能性がある一方、大きな損失を被る可能性も存在します。
リスクを認識して自分のできる範囲で行うようにしましょう。

ビットコインFXではレバレッジを1倍(かけない)としたときは現物取引に近い形になります(ロスカットも理論上はありません)。

しかし、レバレッジが1倍であっても、「売りから入る(空売り)」ことはできますので、「レバレッジをかけるのはリスクが高くて怖い」という方は、まずはレバレッジ1倍でビットコインFXを利用してみるのがよいでしょう。

FXと同様に差金決済とレバレッジ取引の特徴をもつ取引に、ビットコイン先物があります。FX取引との違いを知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

【関連記事】

ビットコインFXが出来るおすすめの取引所

大きな利益を出すことができるビットコインFXについてお話ししてきました。

では、実際にビットコインFXでの取引を行うには、どの取引所が最も適しているのでしょうか?

ここからは、ビットコインFXが出来る取引所でおすすめの取引所を、ランキング形式で紹介したいと思います!

おすすめ取引所ランキング1位:BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)は2016年にリミックスポイントという会社が設立した取引所です。

BITPointのおすすめポイントは、ツールやソフトが使いやすい点です。

BITPointのビットコインFXはMT4という取引ツールを使用して行うことが出来ます。
MT4とは、ロシアのMetaQuotes社が開発した世界で最も有名で人気のFX取引ツールです。デザイン面での使いやすさに加え、インジケーター等様々なツールが使用できます。このMT4がビットコインFXで使用できるのではBITPointのみです。
Mt4は利用者が多いので使い方に困ったときに情報を集めやすいということも利点の一つです。

※BITPoint(ビットポイント )の口座開設はこちら

【関連記事】

 

おすすめ取引所ランキング2位:GMOコイン

GMOコイン

GMOコインは2016年にGMOインターネット株式会社がグループ傘下として設立した仮想通貨取引所です。

GMOコインのおすすめポイントは取扱い仮想通貨が多様である点です。

GMOコインではビットコインFXだけでなく、ETH(イーサリアム)、BCH(ビットコインキャッシュ)、LTC(ライトコイン)、XRP(リップル)のFX取引が出来ます。そのため、ビットコイン以外の仮想通貨のFX取引も行いたいという方にはおすすめの取引所です。

※GMOコインの口座開設はこちらから

【関連記事】

おすすめ取引所ランキング3位: bitbank trade(ビットバンクトレード)

bitbanktrade

Bitbank tradeはbitbank株式会社が設立した、FX専門の仮想通貨取引所です。

Bitbank tradeのおすすめポイントは追証がない、流動性が高いという点です。

追証とは、追加証拠金のことです。通常レバレッジ取引は証拠金に倍率をかけて行います。しかし、取引の損失が膨らむと証拠金が足りなくなり、追加で証拠金が徴収されます。これが「追証」です。追加証拠金は通常銀行口座から自動的に徴収されます。そのため、損失が膨らみすぎて気が付いたら損失を背負っていたということも起こりうるのです。

Bitbank tradeはその「追証」が無く、追加証拠金が足りなくなった場合はロスカットという、損がそれ以上でないように強制的に決済するシステムが作動します。そのため、リスクは多少軽減されるといえます。

また、bitbank tradeはOKExという香港を拠点とする仮想通貨取引所と提携しています。そのため国内のみの仮想通貨取引所と比較視点高い流動性を保っています。流動性が高いということは市場で売買を行う人が多いということですから、その分取引が成立する確率が高くなります。

※Bitbank trade(ビットバンクトレード)の口座開設はこちらから

【関連記事】

ビットコインFXでどうやって儲ける?売りから入るビットコイン取引実践

ビットコインの「空売り」はビットコインFXの取引ツールを使用することで簡単に行うことが出来ます。試しにBITPointのトレード画面を見てみましょう。

新規注文

BITPointでmt4をダウンロードし、ダウンロードしたアプリを開きます。

※mt4のダウンロードはこちら

上のバーにある「新規注文」ボタンを押します。

売り注文

「オーダーの発注」ウィンドウが開かれるので注文種類を設定して赤い売りボタンを押します。

赤い「売りボタン」を押すことから取引を開始することで売りから入ることが出来ます。

ハイリターンだからこそハイリスク!空売りはリスクが高い?

空売りはハイリターンである分、ハイリスクだといわれています。その理由は買いから入る場合と異なり、損失分が予測しにくいためです。

ビットコインはボラティリティ(価格変動)が非常に大きいです。そのため、予測していたよりもはるかに大きな損失が出てしまう可能性があります。

買いから入っている場合、ビットコインの価格がどんなに下がったとしても、ゼロより小さくなる、つまりマイナスになることはあり得ませんので、買いから入った場合の損失は、自分が買った分のビットコインの金額以上になることはありません

しかし、売りから入っている場合は自分が最終的に「買う」ことになる通貨が予測できません。1BTC=70万円で売ったビットコインが「買う」時には1BTC =210万円になっている可能性もあるのです。(つまり、210万円の時に買って70万円の時に売るということになる)

このように、売りから入る「空売り」は自分が買うことになる値段がわからないために非常に大きなリスクを孕んでいるともいえるのです。

売りから入る!ビットコインFXについてまとめ

ビットコインFXに売りから入ることは下落しつつある市場で利益を得るための方法の一つです。

非常に有用で、場合によっては大きな利益を得ることが出来る可能性を秘めていますが、同時に大きな損失を被る可能性も孕んでいます。
仮想通貨の取引をするときは常に注意を払うべきですが、売りから入るときは特に注意し、よく調べることが大切です。

【関連記事】

関連記事

この記事のタグ