毎日更新!ビットコインはもちろん、暗号資産のことがよくわかる情報サイト

新型コロナウイルス関連記事まとめ

2020.04.13
新コロナウイルス関連記事まとめ

<この記事(ページ)は 7分で読めます>

目次

コロナウィルスの犠牲者支援の寄付に、仮想通貨・ブロックチェーン企業続々と

2020.01.27
非常事態の義援金は、素早く正しく届けられるようにしたいものです。立ち上がりが早く世界中から集められるシステムは仮想通貨の得意技と思われていますが、実際はバイナンスCEOが言うように現実的ではないのでしょうか。

コロナウィルスの犠牲者支援の寄付に、仮想通貨・ブロックチェー企業続々と

感染拡大する新型コロナウィルスが、仮想通貨価格に与える影響はどのくらいか?

2020.01.28
従来資産では大きなイベントがあるとリスクオンとリスクオフを明確にするなど、価格予想に役立てるデータの蓄積がありますが、歴史の浅いビットコイン始めクリプト市場はどのように反応していくのか、コロナ蔓延の長期化がポイントになりそうです。

感染拡大する新型コロナウィルスが、仮想通貨価格に与える影響はどのくらいか?

アリババ コロナウィルス被害者への保険適用にブロックチェーン活用

2020.02.12
迅速で適正な補償の支払いにモバイル決済のアリペイが、証拠書類の調査にブロックチェーンが活用されています。時間のかかる書類のやりとりや、対面でのやりとりがないことは、事務処理の迅速性があがり、感染のリスクを避けるためにも大いに貢献します。

アリババ コロナウィルス被害者への保険適用にブロックチェーン活用

中国のブロックチェーンとコロナウィルスに新時代を見る

2020.02.17
今となっては武漢の都市封鎖を解除したお祭りムードの中国ですが、2か月前のコロナ感染隔離の生活を強いられたクリプト市民の様子や、ブロックチェーンが非常事態に果たせた役目などを垣間見ることが出来ます。

中国のブロックチェーンとコロナウィルスに新時代を見る

ビットコイン1ヶ月ぶりに9000ドル下回る

2020.02.27
ボラティリティが激しいことで知られたビットコインでしたが、長く続く低迷期からやっと突き抜けてきたかと期待された矢先に大きく下落しました。世の中が不況な時は反比例するとも見られていましたが、コロナの影響が心配されます。

ビットコイン1ヶ月ぶりに9000ドル下回る 

コロナウィルス懸念でNYダウ過去最大の下落 ビットコインも下げる

2020.02.28
2018年2月の下げ幅1175ドルを大きく上回り、過去最大を記録する事態に。従来資産でのリスクオフは、ビットコインにも及んで来ました。今やコロナウィルスの影響を及ぼさないアセットクラスは存在しないのでしょうか。

コロナウィルス懸念でNYダウ過去最大の下落 ビットコインも下げる

コロナアウトブレイクに対処する中国クリプト業界。一番打撃を受けているのは

2020.03.02
マスクの製造はほとんどが中国、ビットコインの命ともいわれるブロックチェーンを作るマイニングファームも中国のシェアは大きいです。コロナウィルスが入らないネットワークの世界は安全に見えても、実情は少し違うようです。

コロナアウトブレイクに対処する中国クリプト業界。一番打撃を受けているのは

ビットコイン再び下落 1日で下げ幅約1,000ドル

2020.03.09
コロナウィルスの影響がいよいよ顕著になった価格動向です。NYの非常事態宣言やイタリアの医療壊滅状況などに反応して大きく値を下げました。大口のロスカットがあるなど、売られすぎの状態という事です。

ビットコイン再び下落 1日で下げ幅約1,000ドル

WHO発表のコロナパンデミックにビットコインもすぐに追随

2020.03.13
世界経済への弱気ムードが確実となりそうなパンデミック宣言が出され、クリプト市場も例外なくこの波にのまれました。ビットコインは5月のマイニング報酬半減期も目先の事となり、価格下落幅はさらに大きくなるものの、しかし、希望もあるという見方も。

WHO発表のコロナパンデミックにビットコインもすぐに追随

イタリア赤十字 コロナウィルス対策へビットコイン募金開始

2020.03.16
医療崩壊を招くほどの感染者数が出たイタリアでは、医療の最前線を支援するための資金をスピーディに募るためにクリプト業界が動き始めました。ビットコイン独自のブロックチェーン技術がここでも信頼されています。

イタリア赤十字 コロナウィルス対策へビットコイン募金開始

Coindesk コンセンサス2020 をバーチャル開催へ

2020.03.17
コロナ感染拡大を抑えるために世界各地で人が集まるイベントが中止されるなか、クリプト世界では開催延期もキャンセルもせずに予定通り開催することを選んでいます。テクノロジーを積極的に利用してコミュニティに希望を与えています。

Coindesk コンセンサス2020 をバーチャル開催へ

ビットコイン下落の中 個人投資家の押し目買い顕著に

2020.03.18
ここ最近は、ビットコインやアルトコインもリスクオフの行動をとる投資家により売られすぎとなり、価格の下落がとまりません。一方で押し目買いなど逆の動きも顕著なのが、ボラティリティの激しいビットコインの世界の魅力でもあります。

ビットコイン下落の中 個人投資家の押し目買い顕著に

ビットコイン 世界の金融市場閉鎖のなか最後に生き残るのはクリプト市場

2020.03.23
従来の金融市場とはシステムもテクノロジーも異なるビットコインは、その取引市場も人が大勢集まる場所ではありません。外出自粛で在宅となった人々が新たな個人投資家となり、自力で回復する動きも見せていると言います。

ビットコイン 世界の金融市場閉鎖のなか最後に生き残るのはクリプト市場

FRBの無制限の量的緩和措置でビットコインと金が高騰

2020.03.24
ビットコインが金(ゴールド)に代わる避難資産となるのかと期待されて久しいですが、コロナによる不景気が始まってから、ビットコインの市場反応が伝統的な金と同様の動きを見せ始めました。株式市場とは反対の動きのようです。

FRBの無制限の量的緩和措置でビットコインと金が高騰 

コロナウィルス救済対策で 米議会がデジタルドルの導入を検討か

2020.03.24
外出自粛にともなう休業補償の問題は日本でも火がついていますが、米国では支給額の検討だけでなく、その支払い方法に政府がデジタルドルを導入して支援金を支給するようになるかもしれません。デジタル市場の動向にも影響しそうです。

コロナウィルス救済対策で 米議会がデジタルドルの導入を検討か

リップル COVID-19に20万ドル寄付&エアドロップ詐欺にご注意

2020.03.27
クリプトの世界に限ったことではありませんが、非常事態においても人間社会には善と悪が混在します。クリプト技術で支援をしたい人々と、それに便乗した詐欺の話はよく聞く話です。正確な情報を入手するように気を付けましょう。

リップル COVID-19に20万ドル寄付&エアドロップ詐欺にご注意

CBDCはコロナウィルスによる経済低迷の回復に役立つ

2020.03.30
世界各国の中央銀行が発行するデジタル通貨は、これまでの研究でもマクロ経済的に様々な利益をもたらすことが明らかのようです。透明性の高い迅速な金融処理がもたらすブロックチェーン技術が脚光を浴びています。

CBDCはコロナウィルスによる経済低迷の回復に役立つ

コロナウィルスの感染状況データのグローバル調査アプリ立ち上げ

2020.03.30
緊急事態に大切な情報は、デマではなく事実に基づき信用のおけるもので、リアルタイムに発信されて、いつでもアクセスできるものであって欲しいものです。ここでもブロックチェーンが活躍しています。

コロナウィルスの感染状況データのグローバル調査アプリ立ち上げ

UAE コロナウィルス対策に行政システムにブロックチェーン基盤のシステム活用

2020.03.31
外出しないでおうちにいてください、というご時世の中、紙やハンコによる申請書や契約書提出は対面でリスキーです。こんなときこそ導入してよかったというシステムです。この機会に日本でももっと浸透していくといいですね。

UAE コロナウィルス対策に行政システムにブロックチェーン基盤のシステム活用

外出禁止でもポケモンの代わりにマスクをゲット! COVID-19寄附ができるゲームTRIFFIC

2020.03.31
緊急事態宣言が出ても日本人は外出自粛要請にとどまり、個人の意識や行動を変える事で乗り切らなければなりません。自分の身を守るだけでなく大切な人の命を守るための支援は、今の時代は自宅で遊びながらの子供達でも出来てしまいそうです。

外出禁止でもポケモンの代わりにマスクをゲット! COVID-19寄附ができるゲームTRIFFIC

関連記事

この記事のタグ