毎日更新!ビットコインはもちろん、仮想通貨のことがよくわかる情報サイト

Litecoin

ライトコイン/Litecoin(LTC) の価格・チャート・将来予測・特徴


最高値最安値価格差
2018年¥35,853¥2,5351,414 %
2017年¥39,781¥38310,396 %
2016年¥631¥310204 %

2018年

最高値
¥34,250.720
最安値
¥11,167.100
価格差
306.71 %

2017年

最高値
¥39,780.740
最安値
¥382.660
価格差
10395.84 %

2016年

最高値
¥630.700
最安値
¥309.520
価格差
203.77 %

ライトコイン/Litecoin(LTC) ロードマップ

2011年10月:Charlie Leeによってリリース
2015年8月:最初の半減期(50LTC→25LTC)
2017年5月:SegWitが有効化される
2019年8月:2回目の半減期(25LTC→12.5LTC)

2019年:送金手数料が1/10となるCore0.17リリース予定

今後の開発予定:Shonorr署名*2、スケーリング調査


ライトコイン/Litecoin(LTC) とは?

ライトコインは、ビットコインを元に開発され2011年10月に発行された。アルトコインの中でも一番古いコイン。発行枚数の上限はビットコインの2100万枚に対して約4倍の8400万枚、ブロックの承認速度はビットコインの約10分に対して4分の1の約2.5分となっており、ビットコインより希少価値は下がるが決済スピードが速いのでショッピングなど少額取引等にも利用しやすいコインといわれる。この点においてライトコインは、ビットコインよりもより手軽に日常生活で使えるような実用性の高いコインを目指している。最近ではATMが設置された国もあり普及が期待され、ビットコインの価格上昇に伴い価格を上げている。2017年5月に、SegWit*1を有効化した。

【関連記事】

基本情報

・ビットコインをベースに、より実用性を重視
・比較的スピーディな送金が可能
・スケーラビリティ問題に対応したSegWitを採用

ライトコイン/Litecoin(LTC) の記事

新着記事